慣用句・ことわざ・故事成語

5年生の国語の授業では、「慣用句」を皮切りに、今後「ことわざ」・「故事成語」と知識のカリキュラムが進行していきます。
これらの内容は、中学入試においては「出る学校では毎年必ず出るけれど、出ない学校では決して出ない。出る場合の配点は100点中5点くらいが多い」ものです。授業では、このこととともに、中学受験生が身につける慣用句のおおよその数を200と伝えました。こういったときの生徒の反応は、たいてい2通りです。「がんばって覚えても、5点にしかならない…」というものと、「がんばれば確実に5点とれるんだ…」というものです。今年の5年生達は、私が誘導せずとも後者の反応!
その感性が、みんなを合格へと導いてくれます。
そんなふうに、まっすぐに育ててくださっている保護者の皆様へ、敬服とともに感謝。
2013-05-16(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

創伸学院

Author:創伸学院
相模原市淵野辺駅前にある進学教室創伸学院のブログです。中学受験にまつわる事柄を中心に、綴っていきます。
塾のHPはこちらから
www.soushingakuin.com

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR