4年生の通塾(その1)

中学受験を目指す学習は4年生からの約3年間で行うのが、一般的です。しかしながら、学習項目を一瞥すると、4年生の通塾は不必要のように感じられます。4年生で扱うほぼすべての単元が、5年生のカリキュラムで再度見られるためです。

以上のことを根拠に、4年生からの通塾に懐疑的になるご家庭もありますが、私は、4年生の学習はきちんとした役割があるとても大切なものと考えています。また、4年生の学習を経験した生徒のほうが短期で取り組んだ生徒よりも、結果として楽に受験を突破しています。

【4年生の学習(通塾)の役割】
①「塾のある生活」への順応を容易とすること。
中学受験のためには、週3回程度の通塾が必要です。塾によっては、5年生以降、週5回の通塾を課す場合もありますが、進学教室創伸学院では5年生・6年生ともに週3回の通塾で必要なカリキュラムを提供しています。
小学生と言えども、高学年になると、生活のペースが出来上がっているものです。そこに、週3回の通塾が突如始まることの負担感は、かなり大きなものになるようです。
小学生の発達段階において、4年生は低学年から高学年への橋渡しとなる過渡期です。このことは、中学受験だけではなく何かを始めるのに適した時期であることを指すと思います。4年生が週2回の通塾を始めることは、大きな負担感を伴うものではありません。高学年になる「新しい自分」が「新たに始めることの一つ」として中学受験学習を位置づけることが、彼らには出来るのです。

次回に続きます。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 相模原情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

2015-05-14(Thu)
 
プロフィール

創伸学院

Author:創伸学院
相模原市淵野辺駅前にある進学教室創伸学院のブログです。中学受験にまつわる事柄を中心に、綴っていきます。
塾のHPはこちらから
www.soushingakuin.com

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR